プレックコンポーネント|ツーバイフォー|ツーバイフォー工法住宅パネル


プレックコンポーネントSDGs宣言

株式会社プレックコンポーネントは、

「"命を守る快適な住空間"の提供で、地域社会に貢献することを使命とし、"一人はみんなのために、みんなは同じ目的のために"をモットーに、社員一人一人が日々前進、日々改善の取り組みを通して、全社員の幸福と、会社及び社会の繁栄のために貢献して参ります。」

を経営理念として掲げています。

この経営理念のもと、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献し、全てのステークスホルダーと共に、持続可能な社会の実現に努めてまいります。


令和3年4月1日
株式会社プレックコンポーネント
代表取締役 辻 政儀


SDGs未来都市東広島推進パートナー宣言書






SDGs「持続可能な開発目標」とは

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

 17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。







プレックコンポーネントが取り組む課題


SDGs目標 ターゲット 取 組
4.2
2030年までに、すべての少女と少年が、初等教育を受ける準備が整うよう、乳幼児向けの質の高い発育支援やケア、就学前教育を受けられるようにする。
端材を活用した玩具により、子供たちに自然の木材に触れてもらう機会を提供し、木材に触れることで五感を通して木材や森林、樹木といった自然を感じてもらい、子供たちの自由な発想や感性を豊かにする教育を支援する。
8.3
生産的な活動、働きがいのある人間らしい職の創出、起業家精神、創造性やイノベーションを支援する開発重視型の政策を推進し、自社とサプライチェーンにおける全従業員のために、働きがいのある仕事と生産的な活動を提供する。
端材を活用した新商品の開発で、地場に新たな雇用の創出を行い、職の安定を促進する。
11.5
公共部門やその他の関係者と協力して、生命を守る強靭な住まいを提供し、災害による死者や被災者を大きく減らし、経済的損失を大幅に縮小する。
ツーバイフォー住宅が、独特の六面体構造から、耐震性、耐火性、耐久性の優れた構造に特徴があることをアピールすることで、災害によって命を失うリスクや経済損失を減らす。
12.5
ステークスホルダーと協力し、再生可能・バイオベース・リサイクルなどの循環型ビジネスモデルを推進し、ごみの発生量を減らす。
事業による生じる廃棄物を、環境に害を与えないよう管理し処分するため、全ての処分先はSDGsに取り組んでいる処分先を選定し、または最終処分の状況を確認すると同時にSDGsへの取り組みを推進する。
15.2
自社事業やサプライチェーンにおける森林破壊や森林劣化を減少させる取り組みを行う。
事業に必要な木材は、FSC認定のあるサプライチェーンを採用することで、森林破壊や森林劣化に配慮した取り組みを支援し、持続可能な森林管理に貢献する。